今後の指導の目標

福山市の英語塾高橋ゼミでは、2020年度より、指導の目安として英検を利用しています。

2020年度の大学入試からの所謂「外部テスト」導入は延期となりましたが、英語を習得するにあたって、4技能のアプローチで行なうことが有効なことは明らかでしょう。また、いつも言っていることですが、他の外部テストと比べても、英検の問題は大学入試の長文読解や英作文ととても親和性があります。

今後の目標として、

中1の最初から通ってきてくれる生徒は、英検において、

中1で4級、広大附属福山生や英語が得意な生徒は3級、

中2で3級、広大附属福山生や英語が得意な生徒は準2級、さらに、広大附属福山で英語10位以内を目指す生徒は2級、

中3で準2級、広大附属福山生や英語が得意な生徒は2級、さらに、広大附属福山で英語10位以内を目指す生徒は準1級、

高1で最低2級、広大附属生や英語が得意な生徒は準1級、

高2で全員準1級

さらに、希望する生徒には高3の2学期までに1級

に合格する塾を目指します。目指すという言葉から分かる通り、申し訳ないことに、現在のところは出来ていません。

今年度から英検準会場になり、6年ぶりに塾長が中1から高3までを担当することで指導方針を大きく変更しています。今まではなかった新しい指導ツールも導入します。

もちろん、英検は「志望大学に合格する」という目標に向けての手段にすぎません。手段としては、TOEIC、GTEC、TOEFLiBTなどの他の外部テストも利用するつもりですし、これまで通り、高2生と高3生には志望校の過去問や模試問題を使った添削+個別指導を行います。

もちろん、現在通ってきている生徒にも、上記の目安に出来る限り近づけるよう最大限のサポートをします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

英検2次試験

次の記事

360度ビュー始めました。