英検合格をペースメーカーにして中高一貫で指導

広大附属福山、福山市立、暁の星、県立広島、などの中高一貫生の他に、高校受験に向けて勉強する市内の公立中学生が通ってきています。

2020年度より英検の準会場となり、英検に合格することをペースメーカーにして学年より先の内容を学習してもらいます。

授業形式は、塾長1人が最大で10名ほどの生徒1人1人に対応する形式です。学年の違う生徒がそれぞれの課題を与えられ、指定の箇所までやったら塾長の机に持って来てもらいます。塾長はそこで間違えた個所の解説をしたり、覚えてもらった英文の暗唱テストをしたり、英作文や和訳の添削をしたりします。黒板の前で先生が一方的に話す板書授業でも先生一人が少人数の生徒を指導する個別授業でもありません。

次のような特徴があります。

1.進度は人によって違います。生徒それぞれの進度は各自の集中度や英語の得意不得意に千差万別となります。中1で中3までの内容を終了する生徒もいれば、学校よりも少し早い程度の進度となる生徒もいます。それに応じて、ペースメーカとして用いる英検においても、半分以上の生徒は中1で英検3級、中2で準2級、中3で2級に合格しています。

2.中学のうちに文法をしっかりと身に付けてもらいます。早い生徒は中3で高校の文法を一通り終了します。文法は外国語としての英語を学ぶ上ですべての土台となるものですが、英語学習の全てではありません。早いうちに一通り学んだあとは、英文をたくさん読み、たくさん書き、たくさん聞き、たくさん発話することで英文法を意識しなくても発信できることを目指します。英語を早めに仕上げておくことは、特に高3時に数学や理科に時間を注がなければならない難関の理系学部を目指す生徒にはとても大切なことです。

3.4技能を意識した指導。英検合格をペースメーカーにしますので、ReadingやListeningのみならず、WritingやSpeakingも授業内で指導します。4技能をバランスよく身に付けていくことができます。

 

一方的な板書授業ではありません

授業形態は、一方的な板書授業ではなく「個別演習形式」です。

1回80分の授業に週2コマ出席していただきます。

授業は、一般的な塾用のテキスト(発展編)、塾長作成のオリジナル映像、ネイティブによる発音アプリを使います。

得意な生徒はどんどん進めていくことができるし、つまずいたところはしっかりと説明を受けることができます。

板書授業のように「わかる箇所の説明まで聞かないといけないので時間のロスになる。」とか「質問しにくい。」ということがありません。

ただし、この方式は先生1人が2~3人の生徒に対応する「個別指導」とは違いますので、勉強に対する意欲がない生徒さんには向いていません。

 

入塾金 22,000円(税込)

月額授業料   14,300円(税込)→2023年3月より15,400円(税込)に変更させていただきます。

速読聴英語(英文速読とリスニング強化のシステム教材)を併用する場合はプラス3,300円(税込)です。

時間割はこちらをご覧ください。

 

<体験授業を受けていただくことができます。>

体験授業において勉強に対する意欲に欠けると思われる生徒さんには入塾をお断りさせていただきます。また、入塾後も塾で勉強していく意欲の見られない生徒さんには早めに退塾をお勧めする場合があります。

希望者はネイティブスピーカーによるスピーキング講座を受ける事が出来ます。

募集状況をこちらからご確認ください。

体験授業はこちらのフォームからお申し込みください。

    必須ご本人のお名前

    必須メールアドレス

    必須学校名

    必須新学年

    必須お電話番号

    必須お問合せ項目

    体験授業入塾についてその他

    必須お問い合わせ内容やご質問